日本人好みの味
イタリア南部の特徴
六本木徒歩圏内のおすすめイタリアン
イタリアの「南部」の郷土料理の特徴についてお話したいと思います。

日本人が普段手に取るイタリア料理、まさにそのイメージは南部の郷土料理だと言っても良いと思います。

ピッツァにパスタ、そしてトマトソース。
これは南部を代表する郷土料理になるので、納得して頂けると思います。

もし南部の郷土料理を味わうのであれば間違いなくナポリをオススメします。
想像したイタリア料理を味わいたい場合はやはりパスタにピッツァです。
このパスタとピッツァの基本がやはりナポリになるので、オリーブオイルとトマトをたっぷり…もうこの時点で頭の中で想像できますよね?

日本人が最も慣れ親しんでるイタリア料理が南部の郷土料理だと言えるでしょう。

イタリア料理の独特の癖というものも南部にはありません。
日本人に違和感なく、一番満たしてくれるのが南部だと思います。
実際にオリーブやトマトは南部の料理から広まったと言われています。
もはやイタリア料理の代表格と言っても過言ではないですよね。

なぜ南部料理がここまで世界に広まったかと言うと、南部地方の先住民は南イタリアから海外へ移民した人が多かったという歴史があります。
移動した場所で生きていくために飲食業を営んだ人が多かったことから、南部の料理がイタリア全土に伝わったとのこと。

今やイタリア全土どころか、遠く離れた日本にまでその影響が現れてるというのが凄いところですよね。

皆さんがイメージするイタリア料理を味わいたいのであれば間違いなく南部の郷土料理だと思います。
ここで味わえる
ご利用にあたり
運営・編集